日本が主導し、昨年8月にケニア・ナイロビで行われた第6回アフリカ開発会議(TICAD)から間もなく1年を迎える。アフリカ市場への日本企業の関心は衰えず、「援助から投資へ」の流れも定着。大企業に限らず、ベンチャー企業も「最後のフロンティア」に熱い視線を注ぐ。

 「人口は10億人を超え、中間層も拡大するなど、魅力あふれる巨大市場に成長しつつある」。コマツの野路国夫会長は25日、アフリカ投資関連の会合で、強い期待を示した。

 政府も企業の意欲を切れ目なく後押しする。財務省は3日、アフリカ開発銀行と「エネルギー・イニシアチブ」を立ち上げた。発電所建設で最大60億ドル(約6600億円)を支援、アフリカの成長を阻む電力不足の解消を狙う。

 ケニア電力公社のムダニ財務担当取締役は会合で「電力部門への税優遇措置は豊富で、チャンスは多い」と、日本企業に投資を呼び掛けた。

 起業家たちもアフリカを目指す。投資会社に勤める清水政宏さん(35)は東アフリカのウガンダで2年前、現地法人を共同設立。首都カンパラで11月、日本料理店などの開業を予定する。

 ウガンダの1人当たりの国民総所得は660ドル(約7万3000円)にとどまるが、治安の良さや隣国ケニアの経済発展を背景に「次の進出先」(コンサルタント)と目される。アフリカ開銀によると、ウガンダでの事業に携わる日本企業は2015年時点で35社と、13年の19社から大幅に増えている。「緑豊かで、農産物もおいしい」とウガンダにほれ込む清水さん。「サービス業や労働力の育成を通じ、国の成長に貢献できれば」と意気込む。

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017072900476&g=eco

コメント一覧
どうせ行き詰まる。
何でもかんでもワイロワイロ
軌道に乗ったらまたワイロ。
ワイロ地獄だよ
これっきりだなんて決して言わせないぞ!
新興国で商売をって、かっこよく聞こえるけど
要はこれからの若者世代には土人相手の商売しか残されてないって事だよね
土人は何故いつまでも土人のままなのか分かってないようだな。
ていうか、金持ってない連中相手の商売って一番やっちゃいけない奴だろう
絶対何か裏があるね、それこそ利権まみれの
アフリカは危険な国が多い。外務省の海外渡航の表示見ると、イラク、シリア並の危険国家多数。
>>5
大っぴらには言えないがマジでこれだよなあ、ほんと無駄だよ
英国と中国がらみなんだろうな
土人の人口増加率が圧倒してて、1世代であたらしい市場が形成されるんだもんな