はじめに
こんにちは! 先日、学校で百人一首大会があったんで・・・それに便乗して、覚え方を伝授しちゃいますw
まず、百人一首のポイントは、得意札を作ること。ちなみにここでの百人一首は競技かるたでなくって、散らしどり、とかその辺です。覚え方などに限っては、競技かるたでも応用できますよ☆彡

ステップ1

百人一首は、二種類あって、五色百人一首と小倉百人一首があります。

五色のほうは、ピンク、青、黄色、黄緑、とあります。 呼称は地域によって異なることもありますがねw


じゃー、ここでは五色のほうで考えましょう。

ステップ2

では早速覚え方のレクチャー!

1、好きな札を作る。「これは絶対とらせんっ!」てのを作るんです☆
2、意味を覚える これは別に全部じゃなくてOK 。なんとなく調べたり、とか。
3、ひたすら練習!

4、語呂合わせで覚える。
 ・・・の4つくらいですね。

ステップ3

好きな札の作り方?簡単ですよ。 意味が好きで覚えるのもよし、なんとなく取りやすいのでもよし、自分の名前の一部とかが入ってるのでもよし・・・。

たとえば「大江さん」なら、黄色札の「大江山」とか。 

他にも、嵐のファンのお方なら、「嵐」の言葉が入った札・・・例を挙げると青札の「嵐吹く」とか。

得意なものは手元に置いとくのもいいですねー。

ステップ4

語呂合わせなんて無理…なんてお方! 簡単に覚えられますよ。

たとえば青札の「うかりける」は、下の句の「はげしかれ」とミックスし、「うかれてるハゲ」みたいな。 けっして、誹謗中傷とかではありませんよっっ??!
オリジナルで考えて、面白くしちゃってもいいですね。


 


最後に・・・百人一首は何百年もの時を超えて現代へ伝わった、和歌の架け橋―。

ぜひ一度、やってみてください。 最近は百人一首のアプリやゲームもありますし・・・。


本来なら、実物が一番なんですがね(*´ω`*)


では! 節約シリーズは次回から再開します…